ブログ

7月お休み

shine7月お休みshine

7日(月)、14日(月)、21日(月・祝日)、28日(月)となっております。

研修等でお休みが変更になる場合があります。その際はブログにて

ご連絡させて頂きます。何卒宜しくお願い致します。

 

 

楽しみにしていたブラジルW杯があっけなく幕を閉じてしまいましたcrying

昨日もブログに書きましたが、2006年ドイツW杯と全く一緒の結果coldsweats02

しかも昨日はスコアや試合内容までまるで同じsign01ある意味ビックリcoldsweats02歴史は繰り返すんですね。

残念sign01本当に残念の一言。

4年後と言うのは余りにも長い気がしますが私なりに日本代表の応援を続けて行きたいと

思います。

 

 

この悔しさを女子日本代表が晴らしてくれるはずgood

男子はアジアカップを是非、優勝して欲しいと思いますsoccer

W杯

最近昼間の時間が長くなったなぁと感じていたら、いつの間にか夏至を過ぎて

いたんですねcoldsweats01これから徐々に昼間の時間が短くなると思うと、何だかせわしなく感じます。

夏至を過ぎるといよいよ今年も後半戦といった感じsign01気を引き締めて後半も張り切って

参りますのでどうぞ皆様宜しくお願い致しますhappy01

 

 

 さて、梅雨に入ってからほとんど雨が降りませんrain

今年は冷夏と当初は行っていましたが、今日も気温が30°を越え真夏並みの暑さでしたsun

涼しい夏にはなりそうにないですねcoldsweats01

今日はそんな暑い中ご来店頂いた皆様、本当に有難うございましたconfident

 

 

さぁいよいよ明日はW杯第3戦sign03

これまでの日本代表はTMから第1戦、2戦の流れが2006年ドイツW杯の時と

全く一緒sign01試合内容から対戦国地域までほぼ同じ。正にデジャブーshock

いやぁートリプレッタ編集長のりささんの予想通りになりましたcoldsweats01

ドイツの時は最終戦ブラジルに1-4の逆転負けcoldsweats02

今回も同地域、南米のコロンビアが最終決戦の相手rock

ここで負の連鎖を是非断ち切って貰いたいgood

 

 

明日は早朝の5時キックオフsoccer

テレビの前で正座して応援しようと思いますangry

私が試合の予想をすると当たらないばかりか、ろくなことが起きないので

予想はしません。

というわけで明日は日本代表が3-0勝つ、勝つ、勝ーつsign03

これは予想ではありません。あくまで願望ですgood

 

 

 

 

毛髪科学3

シャンプーについてのQ&A

 

Q.シャンプーは毎日したほうがいいの?

  シャンプーの目的は髪と頭皮の汚れを取り除く事なので、基本的には毎日

  した方が良いです。特に毛穴に皮脂や汗、汚れが溜まったままだと酸化して

  臭ったり、頭皮のつまりによる脱毛が生じたりするので、頭皮からの洗浄が大切です。

  ただし、洗浄力の強すぎるシャンプーで毎日洗うのはNG。皮脂をとりすぎる事で

  皮脂の過剰分泌を促してしまうからです。

 

 

Q.シリコーンシャンプーは髪や頭皮に良くないの?

  シリコーンは、髪をコーティングして指通りを良くし、ツヤを与え、また頭皮を紫外線など

  から守ってくれる事などから、多くのシャンプーに配合されている、優れた成分です。

  しかしその効果を求める余り、過剰にシリコーンが配合されているシャンプーが以前数多く出回りました。

  そのようなシャンプーを使い続けるとシリコーンが過剰に髪に蓄積しパーマやカラーの薬剤の浸透を阻害したり

  頭皮のベタつきや、根元からのボリュームダウンに繋がる事もあります。

  お客様の髪質、求めるヘアデザインからシリコーン入りのシャンプーを選ぶか否かを

  選択するようにしましょう。

 

 

「シリコン」「シリコーン」

  シリコン入りシャンプーなどとよく使われますが実は「シリコン」「シリコーン」

  全く違うものです。シリコンはケイ素の事で、岩石や土壌の主成分として自然界に

  存在し、地球上では酸素に次いで多く存在しています。

  シリコーンはケイ石からケイ素を取り出し合成したものです。ケイ素を含む有機化合物

  の総称で天然には存在しません。シャンプーやトリートメントに含まれるのはシリコーン

  の方です。シリコーンは日常のあらゆるところに使われています。例えば医療品では

  (コンタクトレンズ、入れ歯、ペースメーカー、カテーテル)、自転車では(シーリング、コーティング)

  電気・電子では(携帯電話)などで使用されており缶コーヒーなどの飲み物などにも

  使用されています。

  シリコーンは最近よく石油から作られているとか、体に悪いとか、髪・皮膚を皮膜で覆う

  などと悪者扱いされていますが、実際は全くの逆。

  シリコーンは体内でもアレルギー反応が起こらない安全性の極めて高い優れた素材なのです。

 

 

  皆様もこれから安心してシリコーン入りシャンプーをお使い下さい。

  なお以前、パーマやカラーの作用を阻害する事や、洗っても頭皮がベトつく事などで

  問題になったTシャンプーAシャンプー大量にシリコーンを配合しためで

  通常の量では全く問題ありません。

  ノンシリコーンシャンプーが髪に良いといった謳い文句に惑わされず、自分に髪に合った

  シャンプーを使う事をお勧めします。

  

  

  

  

毛髪科学2

白髪が増える原因

  加齢により、色素細胞メラノサイトの働きが弱まったり、消失したりすると

  毛髪の色を決定するメラニン色素が作れなくなり、毛髪は白髪となります。

  なぜ白髪になるか(=メラノサイトがメラニン色素をつくれなくなるか)は、まだ

  完全に解明されていません。しかし、次の4つが影響していると言われています。

 

1遺伝

  毛母細胞メラニン色素が送り込まれにくくなって白髪になる体質が、遺伝する

  と考えられています。特に、若白髪などは遺伝性の高いものと考えられています。

 

2生活習慣

  食生活の乱れや喫煙、寝不足などで血行が悪くなると、毛細血管から毛髪へ

  十分な栄養が行き渡りにくくなり、メラノサイトの活動が低下します。

 

3病気

  メラノサイトは代謝を繰り返すことによってメラニン色素を作り出しているが、

  病気になることで、メラノサイトの新陳代謝が低下し、メラニン色素を作り出す

  力が弱まります。

 

4ストレス

  生活習慣の乱れや対人関係にストレスを感じると、白髪が増えることがあります。

  全身の自律神経が乱れ、メラノサイトの新陳代謝が低下する事から引き起されます。

 

 

髪のハリ・コシがなくなる原因

  毛髪は10代から30代にかけて太くなる傾向がありますが、その後は加齢に

  伴い、エネルギー代謝が低減することで、毛髪を生み出す毛母細胞の活動が

  弱まります。結果的に、髪が細くなり、ハリ・コシが低減。毛髪密度も減少し

  ボリュームがなくなります。さらに、高齢になると、毛髪の主成分のケラチンタンパク質

  を作るシスチン量が減少し、強度も落ちてしまいます。

  男性は20代後半から、女性は30代後半から髪が細くなる傾向が有ります。

 

毛髪は奥が深く知れば知るほど面白いですねhappy01それではまた次回をお楽しみにsign03

 

そういえば明日はギリシャ戦soccer朝7時にキックオフsign01

子供達の朝の準備を手伝いながら観戦しようと思います

日本代表が3-2勝つ、勝つ、勝ーつrock

  

トリートメントとリンスの違い

お客様からトリートメントとリンスの違いについて良くご質問を頂くのでまとめてみましたhappy01

 

 

トリートメン

  主成分であるカチオン界面活性剤油剤が毛髪の表面に吸着して、毛髪を

  滑らかにします。またトリートメント成分(油分、水分、pptなど)を毛髪内部に

  補給し、ダメージを受けた毛髪を健康な状態に近づけます。

 

 

リンス

  シャンプー後の濡れた髪(マイナスの電気を帯びている)に、リンスの主成分である

  カチオン界面活性剤が吸着する。毛髪の表面に被膜を作り、滑りをよくして毛髪を

  整えやすくして静電気の発生を防ぎます。

 

 

コンディショナー

  リンスの保護効果をより高めたものです。リンスに比べ油分や髪のコンディションを

  整える成分が多く含まれています。毛髪が傷んだ人の増加に伴い、シャンプー後に

  リンスと同様に用いられる事が多くなっています。

 

 

ヘアパック・ヘアマスク

  ヘアパック・ヘアマスク共に基本的にはトリートメントと同じです。目的に応じて

  ヘアケア成分の含有量を高め、集中的に作用させコンディショニング機能をより

  充実させたものが「パック」「マスク」と喚ばれます。

 

 

※油性成分とは

  髪にオイリー感を与え、ツヤや柔らかな風合いなどを与えます。ホホバ油、マカダミア

  ナッツ油、セタノール、セトステアリアルコール、シアバター、スクワランなどです。

 

 

※pptとは

  pptとはタンパク質を小さくした成分です。毛髪の内部から髪を保護・補修するために

  配合されています。ケラチン、コラーゲン、米、大豆、シルクなどです。

 

 

これからも毛髪について色々な情報をアップしていきたいと思います。

次回もお楽しみにsign03