ブログ

12月

いよいよ師走snowだんだんと慌しくなって来る季節sweat01気温も一段と下がり体調など崩し易い時期でも

 

あります。皆様も健康管理に注意して今年ラストの一ヶ月張り切って参りましょうrock

 

 

shine12月のお休みshine

 

3日(月)

10日(月)

17日(月)

24日(月)

 

とさせて頂きます。なお31日(月)は前日までの完全予約とさせて頂きますので宜しくお願い致します。

また、お便りで12月のお休み一部誤りがございます。こちらのブログのお休みが正しくなって

おりますので、お詫びして訂正させて頂きます。

 

 

八重の桜

先日2013年の大河ドラマ「八重の桜」の舞台となる新島旧邸に行ってきましたrun

 

先月には、ドラマの主人公「新島八重」を演じる綾瀬はるかさんも訪れたそうですshine

 

 

外観  1,2階の東、西、南の三面にめぐらせたバルコニーが特徴。窓はガラス戸の外に木製の

     よろい戸を取り付け、上部に和風の障子欄間がはめてあります。新島が住んでいた頃は

     東のバルコニーから大文字がよく見えたそうです。

 

 

書斎   東南角の部屋。新島が使っていた机も当時のまま残っています。壁一面に書棚が有り

      その8割が洋書だったそうです。

 

 

応接間   玄関右の18畳ほどの洋間。当時の椅子、テーブルがそのまま置かれています。

       教室、教員室、会議室、教会など多目的に使われていました。

 

 

                       八重が愛用していたオルガン

 

 

台所   当時の京都の民家では、土間形式が一般的でした。これを用いず床板をいっぱいに張り

      その上に流しを置いています。井戸も室内にあり現在の住宅の台所と変わりません。

 

 

洋式便所   和に洋を取り入れた板張りの腰掛式トイレでこの種のトイレとしては、日本では

         初期のものと言われています。

 

 

食堂   少しわかりにくくてすいませんsweat01台所と食堂の間にハッチ式の配膳棚をつけたもの。

      当時の住宅としてはモダンな作りでした。

 

 

茶室   新島の死後、八重は1階洋間を改造して「寂中庵」を作りました。この茶室は会津出身の

      八重が新島の死後に、洋風の生活から純和風の生活へと回帰していった事を物語って

      います。

 

 

                               おまけnote

 

 

 

新島旧邸は同志社の創始者である新島襄とその妻、八重の私邸です。1878年(明治11年)9月初め

に竣工、1985年(昭和60年)6月1日、調度、家具類を含めて京都市から有形文化財に指定されまし

た。今回はお客様に紹介されて新島旧邸を訪れたののですが、京都には有形、無形を含めた

重要文化財が身近な所に多数あることに改めて驚かされましたsign03

これからもせっかく京都に住んでいるのだから時間の許す限り色々な所を回ってみたいと思いますhappy01

大河が始まったら新島旧邸も凄い人気になるのだろうなぁーnote

 

コシヒカリ

先日、新潟の兄からコシヒカリ、鮭、たらこ、すじこ届きましたhappy01

 

いつも私の誕生日に送ってくれるのですが、私よりも子供達の方が大喜びnote

 

たらこやすじこが大好きと言う事は将来お酒飲みになるのかなsign02ただ私達は夫婦そろって下戸

 

なのでその辺はどうなのでしょうかbottle

 

それはともかく家族皆で美味しく頂きましたsign01兄貴ありがとうsign03今度は京都の美味しい物送りますscissors

12月&年始のお休み

shine12月&年始のお休みshine

 

5日(月)

12日(月)

19日(月)

26日(月)

 

1月1日(火)

1月2日(水)

1月3日(木)

とさせて頂きます。尚12月31日(月)1月4日(金)12月30日(日)までに、ご予約された方のみの

営業とさせて頂きます。ご予約お待ちしておりますconfident

1月5日(土)より通常通り営業致しますので何卒よろしくお願いいたします。

不明な点は遠慮なくスタッフにお尋ね下さいませ。

紅葉

今年は紅葉がとてもきれいですねmaple今日、明日がピークでしょうかhappy01

 

昨日はお天気が悪かったですが、今日は少し持ち直しました。明日もお天気がよさそうなので

 

絶好のお出かけ日和になりそうですsign01また、皆さんのお出かけ情報聞けるのを楽しみにして

 

いまーすnoteさて、私達は先日、皆様より一足先に比叡山延暦寺に行って来ましたrun

 

 

 

 

             電車、ケーブル、ロープウェイを乗り継いでいざ、比叡山山頂へ出発sign03

 

 

                  ケーブルの窓から不思議そうに景色を眺める次女wink

 

 

             約9分間、ケーブルの旅。中間地点で下りケーブルとすれ違いますnote

 

 

       ケーブルからロープウェイを乗り継いで山頂に到着sign03全行程約15分間の登山でしたgood

 

 

   山頂からの眺めeyeこの日は雲ひとつない快晴sun空気も澄んでいてとても気持ちよかったですscissors

 

 

 小学生達も楽しそうに登山遠足note実は長女の小学校なのですhappy02近づいて声を掛けようと思いましたが

 後で物凄く怒られそうなのでやめておきましたcoldsweats01

 

 

                   さて私達は山頂から延暦寺に向かって出発dash

 

 

               根本中堂に到着happy01次女もがんばって山道を歩いてくれましたshine

 

 

                  根本中堂のお庭sign01紅葉がとてもきれいでしたmaple

 

 

                    次は、バスで西塔にレッツらゴーrock

 

 

                   次女もまだまだ元気sign03ハッスル、マッスルscissors

 

 

   西塔は延暦寺最古のお寺だそうで、少しさ寂しく廃れた感じがしましたがそこがまた良かったですgood

 

 

              山頂のガーデンミュージアムheart01次女はそろそろ限界かsign02

 

 

            とうとう次女はギブアップcoldsweats01よくがんばったので、だっこ、だっこだっこhappy01

 

 

             山頂からロープウェイにつながる道は紅葉がとてもきれいでしたmaple

 

 

           下りのケーブルで次女復活sign03ケーブルがとても気に入ったみたいですheart01

 

 

                 ケーブルの中から見える紅葉の景色も最高scissors

 

 

           ケーブルを降りたら次女はまたグロッキーcatface完全にエネルギー切れかなsign02

 

 

比叡山はとにかく広いsign01そして見所満載sign03全て回るには全く時間が足りませんでしたcoldsweats02

 

今度はもっと早く出発して今回、回れなかった場所を見に行きたいと思います。

 

今回は行き当たりバッタリだったので時間を大幅にロスしてしまいましたsweat01

 

次回は下調べをしっかりして計画を立てて回りたいと思いますsign01それでないと比叡山攻略は無理sign03